Geomagic® Design X™|3Dソフトウェア

Geomagic® Design X™

g_scan_ong_mesh_ong_reverse_offg_insection_ong_voxel_offg_voxelh_off

履歴ベースのCAD機能と、3Dスキャンデータの処理機能を融合した
業界唯一のリバースエンジニアリングソフトウェア

Geomagic® Design X™は、高精細化が進む3Dスキャニングデータ、CTスキャンなどから生成されるメッシュデータ等を編集し、フィーチャーベースのCADモデルを作成することができるソフトウェアです。測定しにくい有機的な形状にもフィットする面を作成できるため、より目的に近い形状をあらゆる情報から抽出し、効率よく3Dデータ化することが可能です。
さらにスキャンデータ処理をパッチ処理よって自動化することで、より簡単に多くのデータを処理することができます。


リバースエンジニアリングの重要性

リバースエンジニアリングは、ここでは現物がある製品(既存製品)や、製品のクレイモデルなどから3Dデータ・図面などを作成し、CADで読み込めるデータを作成する手法を指します。
3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリングは、短期間で精度の高い設計・製造に繋がります。

DesignX_reverse

Design Xはソリッドモデリング、先進のサーフェス変換、メッシュ編集および点群処理が一つのプラットフォーム上で統合されたソフトウェアです。


製品スペック

●様々な3Dスキャナの直接制御ツール
●Geomagic Captureスキャナとのフルインテグレーション
●ポリゴン、点群からCADまで60以上のファイルの読み込みをサポート
●大容量点群データの位置合わせ、編集、メッシュ変換に対応
●穴埋め、スムージング、最適化、再ポリゴン化の他、直感的なブラシツールなどのメッシュ編集機能群
●3Dスキャンデータから自動でフィーチャーベースのソリッドやサーフェスを抽出
●CADで実施するのと同じ要領でのソリッド・サーフェス作成
●スキャンデータとソリッド・サーフェス・スケッチの偏差や品質を自動で確認できるAccuracy Analyzar
●代表的なCADへフィーチャーベースのデータ出力をサポートするLive Transfer
●有機的な形状を高精度なCADモデルに変換する業界最高レベルの曲面変換
●あらゆるCADやポリゴンの中間ファイルをサポート
●Keyshotによるリアリスティックなレンダリング
Geomagic Design X 動作環境
サポートOS Windows®7(64bit) / Windows®8(64bit) / Windows®10(64bit)
CPU Intel® / AMD®プロセッサ クロックスピード2GHz以上
ハイパースレッディング対応、クロック周波数3GHz以上
メモリー 最小8GB、推奨16GB以上
ハードディスク 30GB以上、推奨256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上のHDD
ディスプレイ 最小1280×960、推奨1280×1024以上の解像度、32bitカラー
グラフィックカード OpenGL4.0以上に対応する単体のグラフィックカード
(※オンボードグラフィックスを除く)
推奨2GB以上のRAM搭載のNVIDIA® Quadro® またはGeForce®シリーズ


3Dスキャナー「Capture」との構成

Capture™ + Geomagic® Design X™

ソフトウェア上で3Dスキャナー「Capture」の直接制御が可能です。
あらゆる設計機能を搭載した、究極の3D Scan-to-CADソリューションです。

 

※当サイトの内容、テキスト、製品画像・事例紹介画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ページ上部へ戻る