お知らせ

株式会社NTTデータ様「ASEAN Cultural Heritage Digital Archive(略:ACHDA)プロジェクト」において3Ⅾデジタイズメンバー協力のお知らせ

マレーシア博物館局の3Ⅾスキャニング風景

株式会社ケイズデザインラボ/デジタルソリューション事業部(デジタルアセットマネジメントグループ)は、この度、株式会社NTTデータ様が構築・発表された「ASEAN Cultural Heritage Digital Archive(略:ACHDA)プロジェクト」(2020年2月27日公開)において、インドネシア、タイ、マレーシアの3か国の文化遺産のデジタルデータ化作業において、主に3Ⅾデジタイズ作業を担当するプロフェッショナルメンバーとしてご協力をさせていただきました。

「ASEAN Cultural Heritage Digital Archive(略:ACHDA)プロジェクト」

本プロジェクトはASEAN事務局が推進するASEAN諸国の貴重な歴史的文化遺産をデジタル化するプロジェクトで、ASEAN地域全体の文化遺産を集約するデジタルアーカイブシステムを構築し、第1フェーズとしてインドネシア、タイ、マレーシアの3カ国で文化遺産約160点のデジタル化を完了しました。

2020年2月27日よりインターネット上に公開されたアーカイブサイト「ACHDA」では、世界中からこれらの文化遺産の閲覧が可能となります。本システムでは、従来の株式会社NTTデータ様のデジタルアーカイブシステムで対応していた画像・音声・動画データだけでなく、立体造形物の3Dデータにも新たに対応しています。

今後、第2フェーズとしてカンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスの文化遺産のデジタル化とアーカイブサイトでの公開を順次開始する見込みです。将来的にはASEAN全10カ国への展開を目指します。
(引用元:株式会社NTTデータ様/ニュースリリース https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2020/022700/


マレーシア博物館局の3Ⅾスキャニング風景

ページ上部へ戻る