お知らせ

【プレスリリース】東京都立産業技術研究センターとケイズデザインラボの共同研究について

【都産技研とケイズデザインラボの共同研究を発表】
地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)とケイズデザインラボの共同研究「デジタルアーカイヴのための人体の形状データと動作データおよび生理データを統合する技術」の開発について、都産技研よりプレスリリースがありました。
詳細は下記リンクをご覧ください。
◎動作する人体をアーカイヴする方法を開発―VRコンテンツの制作に活用―(PDFファイル/643KB)

【日刊工業新聞 12月12日付け記事に共同研究事例掲載】
また、2017年12月12日(火)付けの日刊工業新聞にて、同研究開発の記事が掲載されております。
◎VRで全角度観察 都産技研など、人の形状・動作を仮想空間に再現

– – – – – – – – – – –

先日お知らせしました Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」の展示、大野慶人「Digital 3D in Motion」にて本技術が活用されています。
◎Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」技術開発、展示協力のお知らせ
データ変換プロセスについて、都産技研と共同で特許申請をしており、その一部を活用してデータ作成をしています。本展示のVRコンテンツ作品はbackspacetokyoの比嘉了氏が制作しています。

ページ上部へ戻る