About INTER VOXEL SOLUTION

INTER VOXEL SOLUTIONとは

ボクセルを学ぶことから使いこなすまでを前提とした“トータルソリューションプログラム”です。
インターボクセルのコンセプトを活用した新しいデザインの開発支援、CADとボクセルを連携させるプロセス構築、金型作成を含むデザインアウトプットに向けた技術サポートなど、蓄積してきた技術事例をベースにご提案いたします。
ケイズデザインラボは創業から積み重ねてきた“ボクセルデータ運用のナレッジ”をクライアントにお伝えし、企業内に定着させるために、プロジェクトベースでプログラムを提案いたします。プロジェクトを通じて、ボクセルデータ活用が企業文化になるよう支援いたします。

Background

大容量データ時代の到来

インターボクセルソリューションのコアは“大容量データ時代におけるデータフォーミングプロセスの構築”です。コンピュータの処理能力の大幅な向上により、ハンドリング可能なデザインデータの大容量化が期待されます。コンピュータジェネレイティブデザインにより生み出された繊細な幾何学パターンの連続や、オーガニックなフォルムを有する自由曲面のデザイン、生物に近いナチュラルで複雑なサーフェスを持つ造形など、より複雑で緻密で大容量なデザインデータのハンドリングが要求されるシーンに必要不可欠なデータ作成・変換プロセスを、INTER VOXEL SOLUTION(インターボクセルソリューション)として、様々なソフトウェアを組み合わせ、デザインと製造プロセスを連動させる効果的な方法として提案いたします。
テクノロジーを有効に活用し、新たなデザインを生み出す取り組みを体験してください。

ボクセルの可能性

Freeform PLUS™ を軸にした ソリューションを提案します。
Freeformが日本で販売され始めてから15年以上が経ちました。 その間に様々な業界に、デジタルクレイモデラーとしてオーガニックなデザインを実現するために導入されてきました。
正確には、Freeformはボクセルデータフォーマットをベースとする「触感デバイスモデラー」です。ボクセルは複雑な形状の表現も可能なフォーマットであり、様々な形状のモデリングが可能となります。また、上位機種であるFreeForm PlusはCADのカーネルも搭載し、CADとボクセルのハイブリッドモデリングが可能なソリューションです。繊細で大容量なデータをコントロールし、データフォーミングするための重要なツールであると考えます。

Tools

ボクセルハンドリングツール

ボクセルをハンドリングするための最適なコアソリューションを選択しましょう。
ケイズデザインラボでは創業当時より「ボクセル」をベースとしたソフトウェアである「Geomagic® FreeForm Plus™」の国内一次代理店として事業を行ってきました。当時からボクセルの「数値に依存をしないデジタル3Dモデル」という特性を活かし、さまざまな提案を行い、量産品を生み出す支援を行ってまいりました。
しかし、データフォーミングにボクセルを介在させた方法は、CAD/CAM主体のデータプロセスにおいてはイレギュラーであり、このプロセスを充分に活かした製品開発事例は世界的にも少ないのが現状でした。
INTER VOXEL SOLUTIONでは、デジタルツール導入支援にとどまらず、現状の理解と共に「新たな3Dフォーマット」を取り入れ、活用いただくまでのサポートをさせていただきます。

Example

パラメトリックデザイン

GRASSHOPPERで複雑にプログラムされたモデリングデータを金型加工用にデータトランスフォームし、デザイナー・プログラマーの意図をそのまま再現する製造加工用データを作成しました。 作成したデータにて、テストサンプル用金型を切削加工し、2種類の樹脂でインジェクション成型をしました。
パラメトリカルにデザインしたデータをそのまま製造する事例です。
designed by Shinya Yoshida ( SHINYA YOSHIDA DESIGN )