About DESIGN PROJECT

 デジタルツールを活用した、イノベーティブなデザインプロセスを学び、体感することにより、今までのプロセスでは実現し得なかった形状のデザインや・効率的なスキーム形成・デジタル時代のクリエーション作法などを自社の知的財産として蓄積していただくことを目的とした「デザインプロジェクト」を提供いたします。
目的と課題を持ったプロジェクトをテーマにして、それらの解決を目指したプロジェクトとして、クライアント側から数名、弊社側から数名の専任スタッフをアテンドし発足します。数週間から数ヶ月の期間の中で、「人材育成」や「実際の商品デザイン」などを実現していきます。

Project Research

❶リサーチ(最適ソリューションの提案)

 デザインプロジェクトは、クライアントのニーズに応じてプログラムを変更することが可能です。必要なソリューションが何になるのか、本質的な課題は何なのかなどをヒアリングし、最適なプロジェクトコンテンツの提案をいたします。ヒアリングやリサーチから、商品デザインについて、クライアント自身の社内リソースだけでは実現可能ではないことを発見できるかもしれません。有効なツールの理解を通して、デジタル時代のものづくりにフィットした企業を目指します。

Digital Design Education

❷デジタルデザイン教育

 一般的なCAD ソフトは、人間が本当に良いと感じるラインを描くことを目的としていません。想定するラインを綺麗に引くことを助けるためのツールです。我々がデジタルデザインの中で重要だと考えるのは、「より人間らしく、より人間が考えたであろう痕跡を残すために」ということです。一つの例として、フリーフォームや3D スキャナーを活用したオーガニック(有機的)なフォルムデザインは、幾何学演算では成立しないカーブや、その人がより良いと感じるラインそのものを活かすことが可能です。

Input / Workshop

❸インプット・ワークショップ

 デザインとは、ソフトウェアやツール、手法だけでよくなるものではなく、よりマーケティングに近い観点も大切になってきています。企業がデジタルツールを使いこなすことで、手触りや見た目のフォルムデザインにこだわるだけでなく、例えば、デザイナーではない人もデザインに参加できる仕組みを作ることが可能です。デジタルツールを活用した効率的でイノベーティブな手法を獲得することで、いままでクローズだった商品開発の仕組みが変わります。

Human resource development

❹人材育成

 デジタルツールを活用した、イノベーティブなデザインプロセスを学ぶことで、ひとつの得意なデザインツール(ソフトウェアや手法など)に頼らない万能型のデジタルデザイナーを育成します。多くの手法と、限界を超えた体験を獲得したデザイナーによる、既成概念にとらわれない新しいデザインソリューションが、企業文化として残っていくことを応援します。

Product Design

❺商品デザイン

 デジタルテクノロジーを活用したデザインプロジェクトにて生み出された商品デザインは、既成概念を超えた様々なイノベーションを生み出しています。例えば、デザイン部門ではない事業部が商品をデザインしたり、今までの製造スキームでは考えられなかった形状のものを生み出すことができたり、単純に企業内デザイン部署が、今までよりはるかに短期間で商品デザインを実現したり、効果は様々です。

Branding

❻ブランディング

 デザインプロジェクトは、イノベーティブな商品開発をベースとした企業ブランディングを目的としています。我々は商品そのものの専門家ではありません。ツールを活用した新しいデザインプロセスをご一緒することで、クライアント企業が新しい価値観や方法論を形成していくという体験を提供します。