京都造形藝術大学ウルトラファクトリーとの人材育成プロジェクト

 京都造形芸術大学ウルトラファクトリーは立体造形に関する様々な機器を設備した学内の共通工房で、トップクリエイターと学生が様々なプロジェクトを行っています。
 学生たちは最新の機器の操作を習得するだけではなく、それらを使いこなす為のアイディア発想と作品制作を繰り返しながら、デジタルツールを使いこなすセンスを習得し、それぞれの希望する業界への足がかりを築いていっています。
 工房の中には「FreeForm Plus」と「Geomagic Design X」も設備されており、弊社の推奨するInterVoxelSolutioinをベースにした教育プラグラムも行いながら、ボクセルデータの基礎知識学習やCADとの連携、デザインデータ作成スキルの習得にも取り組まれています。
 さらに工房には高精度の3次元スキャナーや3Dプリンター、切削加工機などもあり、最新のデジタル3Dプロセスを実践しています。ウルトラファクトリーでは一般企業様とのプロジェクトも行われています。工房の見学は随時受け付けており、実際に機材に触れていただくこともできます。協同プロジェクトやインターンのご相談も可能です。

 「3D機器を導入したいが人材がいない、育成できない」という企業様はぜひウルトラファクトリーをご見学ください。
 また、弊社とウルトラファクトリーとの3社連携プロジェクトの御提案なども可能ですので、御気軽にお問い合わせください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/art/special/ultra/

 写真:顧 剣亨
 Photo: Kenryou Gu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です