ブログ

今こそ3Dツールに慣れ親しもう。DESIGN MANUFACTURING CLASS in KUDAN #00 イベントレポート

ケイズデザインラボが培ってきたデザインや製造に特化した3Dツールテクニックや、機材を活用したビジネス開発、助成金取得にいたるまで、様々なノウハウを共有するオープンイベント「DESIGN MANUFACTURING CLASS in KUDAN」(通称DMC in KUDAN)。
2018年1月18日(木)開催の初回は、キックオフイベントとして、ざっくばらんに体験いただく場を設けました。

3Dツール、使ってますか?

ケイズデザインラボが九段下に移転して一月がたち、はじめて開催するイベント。
この場をお借りして、「ケイズデザインラボってどんな会社なの?」という自己紹介をいたしました。

よく聞く3Dツールの名前だけど、どんなことができるのか。普段使用しているソフトだけど、さらなる活用がしてみたい。
ケイズデザインラボでの事例とともに、「こんな使い方があったのか!」という活用方法を提案しています。

あなたにとっての3Dツール、どんな存在ですか


この日のスペシャルゲストは、株式会社モールドテック(神奈川県藤沢市)代表取締役、落合孝明氏です。金型設計、製品開発・製作サポートから、町工場参加型ブランド「Factionery」を企画しておられる、製造業の強い味方。
ご自身も「Geomagic Design X」や、3DCADを使用なさっているという落合氏。3Dツールは「かゆいところに手が届く存在」とのこと。


「すでに使用しているけど、知らないコマンドがまだある。作ってみたいものが増えた」
「設計のバリエーションが広がりそう、早速使っていなかったコマンドを試したい」
他業種の方々と交流することで、知見が広がります。懇親会ではソフトウェアの操作・ツール操作体験に加え、盛んに意見交換や交流が行われていました。

DMC in KUDAN、まだまだはじまったばかりです。これからどんなイベントになっていくのでしょうか。
次回はより踏み込んだ、3Dツールの「こんなにすごい」を体験いただく回を開催します。

イベント概要

 『DESIGN MANUFACTURING CLASS in KUDAN #00』
キックオフ/3Dツールの体験と座談会
2018年1月18日(木) 16:00〜18:00

イベント情報は随時更新いたします。ご参加やイベントに関するご質問等、お気軽にお寄せください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る