製品開発プロジェクト

「超高速ものづくり」が製品開発プロセスを進化させる

製品発想から量産までのご相談をはじめ、3Dデジタルツールを活用した新しいプロセスの構築、プロダクト開発の環境作り、3D⼈材育成まで、お客様の「作りたい」「困っている」をケイズデザインラボの技術と知見でサポートしています。
1) 3D デジタルツールを利用した、組織に沿ったデザインプロセス構築
2) 社内の3D⼈材育成
3) 商品開発ビジネスマッチングの実践の場づくり

メリット・効果

開発期間の短縮・工数の削減
モックアップ作成、ユーザーテスト、試作評価を経ての市場投入が可能
部門間でのイメージ共有(コミュニケーション)が容易に

3D触感デバイスモデラー「Freeform®」をはじめ、工業用/パーソナル3Dスキャナー、様々な3DCAD/CG/CAMソフト、データ交換ソフトなどを駆使し、製造業をはじめ、工業デザイン、建築デザインなどの業務まで幅広く支援しております。”新しいプロセスで実験してみたい” ”こんな方法でできるんじゃないか?” ”こんな課題解決できないか”
アイデアを実際にテストすることで、お客様と3Dツールを活用した新しいプロセス開発をいたします。お気軽にご利用ください。

ユーザー事例


無煙たばこ ZERO STYLE |JT(日本たばこ産業)様

修正テープ モノエルゴ|トンボ鉛筆(株)様

シュッテ|ダンロップホームプロダクツ(株)様

「高速ものづくり」のデザインプロセス体験

<ワークショップ内容の例>
『デザインプロジェクト in DMC』として、「高速ものづくり」の一連のプロセスを気軽に体験いただけるワークショップを行っています。



①3Dベーシックトレーニング
使用する3Dデジタルツールの見学、操作の体験を行い、実際に操作感を確かめることができます。②アイデア発想
ブレストやスケッチから生まれたアイデアを粘土モックに。粘土モックを3Dスキャン&モデリング。

③デザインリファイン
3Dスキャン→3Dデータ化し作成したモデルをもとにデザインリファインを行い、再度スキャン&モデリング。

④フィニッシュ
デザインをFIXさせ、今回のプロジェクトを資料化。プレゼンテーションを行います。

ページ上部へ戻る