お知らせ

柳宗理 バタフライスツール60周年記念企画展@多摩美術大学 特別協力のおしらせ

2017年10月16日(月)〜10月28日(日)に多摩美術大学 八王子キャンパスにて、「柳宗理 バタフライスツール60周年記念企画展」が開催されます。株式会社ケイズデザインラボは、本展示のデジタルアーカイブ分野にて特別協力しております。

プロダクトデザインのマスターピースそのものの持つ情報を正しく取得・保存し、価値のあるオフィシャルデータを貴重な資産(アセット)として管理し、資産とその権利を保有・発信をしていく仕組みや環境を考察し、未来のあり方を検証していくため、柳工業デザイン研究会とケイズデザインラボはDIGITAL ARCHIVES RESEARCH(デジタルアーカイブズリサーチ)というプロジェクトを発足いたしました。

【 DIGITAL ARCHIVES RESEARCH for BUTTERFLY STOOL 60th 特設サイト】

  

2016年に60周年を迎えた、柳宗理デザインの「バタフライスツール」。世界の家具史においてもアイコン的存在であり、世界中の人々を魅了し続けているバタフライスツールは、柳宗理/柳工業デザイン研究会の監修のもと、天童木工(日本)とヴィトラ(本社拠点:スイス)の2社のみが製造・販売を許され、世界で流通しています。1956年の発表時から天童木工によって製造・販売され、欧米圏では2002年からヴィトラが製造・販売を行なっています。天童木工とヴィトラのそれぞれのバタフライスツールは、同じく柳工業デザイン研究会と柳宗理本人の監修のもと製造されていますが、現物をじっくりと、細かく比較していくと、ディテールにその違いが見られます。

3Dデジタル技術を使った作品のデジタルデータ化は、大切な作品資料を未来に引き継ぐ“デジタルアーカイブ”への一提案でもあります。そのものの持つ情報を正しく保存し、価値あるオフィシャルデータとして後世に作品資料の正しい姿を残す。最新技術を生かした試みに今後も取り組んでまいります。

  


【柳宗理 バタフライスツール60周年企画展 於 多摩美術大学】
日  時:2017年10月16日(月)〜10月28日(日) 10:00~18:00 / 日曜休館 / 入場無料
場  所:多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク1F−101(東京都八王子市鑓水2−1723)
    (TEL:042-676-8611)
主  催:多摩美術大学、柳工業デザイン研究会
後  援:Casa BRUTUS、インテリア産業協会、日本インテリアデザイナー協会
協  力:栃木県立美術館、Vitra、金沢美術工芸大学
特別協力:天童木工、ケイズデザインラボ
【柳宗理 バタフライスツール60周年記念企画展 特設サイト】
https://www.butterflystool60th.com/

ページ上部へ戻る