お知らせ

高精度のプロトタイピングニーズに応える切削加工機「3D-Mill K-650」 IoT通信プラットフォームの利用でさらに自由度の高い製造環境へ

〜企業のイノベーションセンターやデジタルファブリケーション施設での挑戦的なものづくりを支援〜

株式会社ケイズデザインラボ(東京都渋谷区、 代表取締役:原雄司)は、 切削加工機メーカーである株式会社岩間工業所(静岡県静岡市、 代表取締役:岩間正俊)と共同開発した切削加工機「3D-Mill K-650」の受注販売を2016年6月に開始いたしました。 このたび「3D-Mill K-650」の開発において、 株式会社ソラコムが提供するIoT 通信プラットフォーム「SORACOM」の新サービス「SORACOM Gate」(7月13日より提供開始)の利用を発表いたします。これにより装置へのセキュアな環境でのリモートアクセス・操作が可能になり、さらなるサービスの開発と拡充を進めてまいります。

k-650

セキュアな環境での装置へのリモートアクセス:「SORACOM Gate」について

soracom-gate
 「3D-Mill K-650」 ではUIアプリと機械制御用のコントローラーが分離されており、ユーザーは操作用タブレットからUIアプリにアクセスすることで 保護されたセキュアな環境のモバイル回線で、リモートコントロールやリモートメンテナンスを行うことが可能になります。UIアプリには、拡張性の高いWindows OSを使用しています。また、コントローラーは岩間工業所オリジナルを採用することで、工具の負荷や累積回転数、加工条件のフィードバックなどのログの取得・解析も可能になります。
詳細:http://soracom.jp/services/gate/

「3D-Mill K-650」製品特徴
・ 100V電源で稼働可
・ コンパクトかつ大型のワークサイズ(X:650mm×Y:450mm×Z:200mm の広い造形エリア)
・ ATC(オートツールチェンジャー/自動工具交換装置)を実装
・ 高精細造形に対応できるこだわりの加工精度
・ Windows OS採用の初心者にも操作しやすく設計されたUIアプリ
・ 幅広い加工材料をサポート(モデリングワックス、樹脂(アクリル・ABSなど)、石膏、ケミカルウッド、軽負荷金属 ほか)

k-650_img06
k-650_img04
k-650_img03
 
 

新素材「クレメタル®」を利用した簡易型切削も
 クレメタル®は、“耐久簡易金型用切削素材”としてクレハエクストロン株式会社(東京都大田区)と岩間工業所との共同で開発された新素材です。簡易金型としての耐久性と熱伝導性を持ちながら、切削加工が容易で加工時間を短縮でき、プラスチックと金属の特性を兼ね備えています。市場のニーズの多様化による頻繁な形状変更と生産数量の確保、どちらにも対応できるフレキシブルな製造が可能になります。
※ 販売価格、詳細についてはお問い合わせください
※「クレメタル」は登録商標申請中です

k-650_img07

開発背景 ものづくりにおけるプロトタイピングの重要性
 近年では、従来の作業工程をトップダウンで分割する“ウォーターフォール型”の製品開発から、オープンなコミュニティでのプロトタイピングの重要性の認識やクラウドファウンディングの利用意識が高まるなど、開発手法・製造プロセスも注目されるようになりました。ハードウェアスタートアップ企業や大企業のイノベーションセンターなど、より精度の高いプロトタイピングのニーズも増加しています。また、デジタルファブリケーション施設やシェア工房などでの機材の共有事例の増加に伴い、より“使い勝手”にこだわった工作機械の潜在ニーズがあると考えています。

自社ブランド切削加工機の開発に際して
 「3D-Mill K-650」は、切削加工技術と長く付き合ってきた開発メンバーだからこそできた加工機です。
3Dプリンタなどの機械を利用したものづくりが、より一般に知られるようになりました。3Dのデータが物体として具現化する「つくる」「触れる」喜びや良さをより多くの方に楽しんでいただくとともに、精度にこだわったプロトタイピングニーズに応えられる切削加工機を送り出したいと考えました。切削加工という技術との出会いや再発見のきっかけとなり、自由度を生かした新しいものづくりに挑戦してもらえればと思っています。引き続き、通信プラットフォームを用いた切削加工機のさらなる開発とサービスの拡充に努めてまいります。
株式会社ケイズデザインラボ 代表取締役 原雄司

ページ上部へ戻る