沿革

11期目のご挨拶

2006年の創業以来、ケイズデザインラボは3次元デジタルツールの活用を軸として、高いスキルを身に付けた技術スタッフと日々の研究成果をベースに、企画とサービスを提供することを目指してきました。
お陰さまで、さまざまな時代の流れの中でも、幅広い分野のお客様にお声掛けいただいています。これからも、”ケイズデザインラボにしかできない”と選んでいただけるような総合的な技術の鍛錬に努めてまいります。

2006年2月14日
 関東物産株式会社100%出資会社として東京・蔵前にて創業
2007年    
 東京・駒込に本社事務所を移転|6月20日
2008年    
 全株式を関東物産株式会社から小浦石油株式会社に譲渡|10月1日
2009年    
 株式会社極東貿易と3DDS名古屋LLPを共同出資で試験的に設立|4月10日
2010年    
 東京・恵比寿に本社事務所を移転|8月2日
2011年    
 「D3テクスチャー®」事業を本格的にスタート|10月1日
2012年    
 東京・渋谷区道玄坂に本社事務所を移転|7月30日
 3Dプリンターショールーム「CUBE」を共同発案、運営スタート|10月17日
2014年    
 CCC(株)・(株)amanaと3社業務提携を発表|10月27日
2015年    
 東京・恵比寿に本社事務所を移転|7月28日
 3Dデジタルスタジオ「3DDS」をオープン|10月15日
ページ上部へ戻る