3Dスキャンサービス / 工業製品ならび静物のスキャニング

PRODUCT SCAN

3Dスキャニング / 工業製品ならびに静物のスキャニング

立体物を3Dスキャナーで読み取り、用途・目的に合わせた3Dデータを作成できます。精密部品や意匠性の高い工業製品や建築模型のリバースエンジニアリングをはじめ、正確な寸法情報が必要な計測、デザインに必要なパーツのスキャニングなど、あらゆるものをスキャニングいたします。
希望に応じて、ご指定のCADデータやCGデータに変換することも可能です。また、出張によるスキャニングもお気軽にご相談ください。

 

 

3Dスキャンサービスメニュー

  

対象物お持ち込みによるスキャニング

スキャン対象物のお持ち込み/お預かりスキャニングサービス。取得した3Dスキャンデータをそのままお渡し、または自動化による穴埋めの条件であれば迅速、リーズナブルに3Dスキャニングサービスをご利用いただけます。

  

フルカラースキャニング

カラースキャンに対応した高精度3次元測定器を使用したスキャニングサービスです。形状はもちろん、カラーテクスチャの取得が可能なため、工業製品の他、文化財のスキャンやデジタルアーカイブ用途にも適しています。

  

高精細スキャニング

高精度な非接触3次元測定器でミクロン単位の精度を求める工業製品の3Dスキャニングを行います。皮革製品や鋳造品の表面の凹凸までもスキャニング可能。取得したデータは別途リバースモデリング作業でCADデータにしてお渡しします。納品形式はご相談ください。

 

3Dスキャニングにおける注意事項

・対象物内部の空洞や、穴の奥、細い、薄い部位などはスキャンできません。
・表面の素材が光を極端に反射、または吸収するもの、透明物はスキャンできません。
(スキャニング用の特殊な粉体塗料を表面に塗布可能であればスキャニングできます)
・置き方を変えると変形するものは複数取得したデータの統合ができません。
・不明な場合はスキャニング対象物を事前に画像でお送りご相談ください。

 

使用事例


  
夏目漱石アンドロイド開発プロジェクト |(株)エーラボ/石黒浩教授(大阪大学)

 

  
重要文化財の3Dデジタルアーカイブ化|(写真は国指定重要文化財の雨引観音秘仏「延命観世音菩薩」)

ページ上部へ戻る